ヘッダー画像

オーガニックシャンプーと呼ばれるもの
  
  

ノンシリコンシャンプーが大ブームの中、同じく注目されているのがオーガニックシャンプーです。
洗浄成分に石油系界面活性剤を使っていない、植物由来成分配合など、定義は様々ですが、使用する植物成分の元である原料の植物にまでこだわり(無農薬など)、植物の特性を活かした美髪効果などが多いほど、オーガニックシャンプーとしての地位は高い傾向にあるようです。
オーガニックというと野菜・コーヒーなどの食品のイメージが強いせいか、髪に使用するシャンプーにもその安全性を・・・というイメージが、とても健康的で髪にも良いとされ、シャンプーの中でもひときわ贅沢で、意識の高い人が好むシャンプー、といった位置づけにあるかと思います。

オーガニックシャンプーの長所と気を付けること
  
  

オーガニックシャンプーは、自然由来の成分を前面にアピールしている商品です。
化学物質をいかに減らし、天然成分を多く取り入れるかがステータスになっているようです。
洗い心地については、無理に泡立たせる成分を抜いていたりするので、洗髪中にきしんだり、適量がわからずたくさん使いすぎてしまう・・・ハーブ系を原料にするものも多く香りが独特で強すぎる・・・というような感想を抱く人も中にはいるそうですが、不満まではいかないけれど、ちょっと物足りないシンプルさが自然派らしくて、逆に受けているのかもしれないですね。
シリコンは絶対に髪に使うと悪影響、というわけではないので、髪のコンディションによって、シリコン入りのコンディショナーなどでツヤや滑らかさを補給するのも、快適な美髪を保つポイントだと思います。

おすすめのオーガニックシャンプー
  
  

オーガニックシャンプーは、シンプルでわかりやすい成分が多いので、選ぶ際はやはり価格帯やクチコミなどを基準にするのが効果的でしょう。香り・パッケージなどもこだわって探すと、よりリッチでロハスな気持ちになれるでしょう。
よく名前を耳にするオーガニックシャンプーには、『ヴェレダ』シリーズや、『ハーバルエッセンス』『ジョンマスター』『オーブリーオーガニクス』などがあります。
価格が高いものなどは、お試しやトライアルセットなどを展開しているメーカーもあるので、その使用感や仕上がりを吟味するためにとても有効です。
シリコンは絶対に髪に使うと悪影響、というわけではないので、髪のコンディションによただ、化学物質が少ない分、オーガニックシャンプーは少し使っただけでは良さをすぐに実感しにくいこともあるので、ひとつの物を根気よく使ってみるといいかもしれません。
 
  シャンプーの色々
  髪に良いノンシリコンシャンプー
  シリコンシャンプーは良い?悪い?
  オーガニックシャンプーあれこれ
 
 


HOME