ヘッダー画像

シャンプーのシリコンとは
  
  

最近話題になっている、ノンシリコンシャンプーですが、特長としてシリコンのデメリットを挙げた広告が多いようです。
シリコンシャンプーは頭皮の毛穴を詰まらせて、薄毛の原因になったり、キューティクルを傷めてしまうなどです。
シリコンというと美容整形などで使われる人工物、というイメージを持つ人も少なくないようですが、逆にシリコンシャンプーを推奨するメーカーもあります。
果たして、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーはどう違うのでしょうか。

シリコンシャンプーの利点
  
  

シリコンは、用途によって液状化させたり固形にしたり、形状は様々で呼び名も『シリコン』と表記されないこともあります。
シリコンは化粧品などにも使われ、伸びの良いテクスチャーにするためや、髪を滑らかな質感に整えてくれる役割があるのです。
また、シリコンで保護された髪は、高温のドライヤーなどの熱から髪を保護することもできるので、絡まりやすい・広がりやすい髪をまとまりやすくするのにシリコンシャンプーを使った方が効果的だ、という見解のメーカーもあるようです。
それに、髪の健康をアピールしているノンシリコンシャンプーですが、成分をよく確認しないと、シリコンの代わりに別のコーティング剤を使っているので、それは承知しておかなければなりません。

身近なシリコンシャンプー
  
  

CMや店頭などでLUX(ラックス)・TSUBAKI(ツバキ)などの大手メーカー商品を一度は目にしたことがあると思います。一般的に売られている多くのシャンプーは、シリコン成分が配合されている物が多いです。
シリコン自体に髪を傷める性質はなく、髪の手触りやツヤを出すためにシリコンを使用していることはデメリットとは言い難いでしょう。
ノンシリコンシャンプーに比べ安価なものが多いシリコンシャンプーですが、こちらの使用感の方が合っているという方はたくさんいます。
結論として、シリコンが直接髪に悪いという根拠はなく、ノンシリコンだけが絶対的に有効だというわけでもないと言えます。
自分の髪質とよく向き合い、仕上がりや状態(ダメージなど)をわかったうえでシリコンシャンプーを選択するのは、間違いではないのです。
 
  シャンプーの色々
  髪に良いノンシリコンシャンプー
  シリコンシャンプーは良い?悪い?
  オーガニックシャンプーあれこれ
 
 


HOME